クレジットカードの現金化で騙されないコツ

現金化で騙されないコツ
クレジットカードの現金化業者は安心して活用できる業者もあれば、そうではない業者もあります。それを見分けるにはどこを見たらいいのでしょうか。

これからクレジットカードの現金化を利用するという方はこちらを参考にして、安全な現金化業者を選択しましょう。

現金化業者のヤバい特徴

クレジットカードの現金化業者は基本騙し打ちでお金をむしり取ることなんてせずに換金率を設定して、これにより利益を得ます。ですからヤバい業者はごく一部です。

しかし、そのヤバい業者に当たってしまえば、トラブルに見舞われて現金化を利用したことを後悔してしまうでしょう。この現金化業者のヤバい特徴をお知らせします。

・会社の運営情報や連絡先が載っていないor嘘情報である
・サイトのURLが「https:」ではなく「http:」から始まっている
・いい話で誘導して現金を振り込むように促してくる

上記のような現金化業者を選ばないでください。

まず一つ目の会社の情報は重要です。会社の住所や電話番号や運営情報が載っていない現金化業者やまたその情報が完全に嘘という現金化業者は危険です。

実はクレジットカードの現金化詐欺の中には商品を購入したのに関わらず現金が振り込まれないという詐欺があります。この詐欺業者の特徴がこのように会社の住所や連絡先がない現金化業者なのです。

この場合に運営先が確認できないような業者が相手だと連絡が取れないで泣き寝入りとなります。このため、現金化業者を選ぶ際には会社の情報がきっちり載っているところをお選びください。

クレジットカードの現金化業者の中ではクレジットカードの情報を盗み取るという詐欺を働いている業者もあります。これを見分けるコツの一つがサイトのURLです。

実はURLが「https:」から始まるサイトは暗号化通信を利用しており、情報を読み取られないようにされています。「http:」の場合は情報が暗証化されずに盗み取られるリスクがあります。このため、このサイトのURLにも気をつけておきましょう。

最後にいい話があるとクレジットカードの現金化の利用者を上手く利用して、他の口座に現金を振り込ませようとする大胆な方法で詐欺を働く現金化業者もあります。

現金化を利用している人には切羽詰まった状況の人もいます。そんな人はついこのいい話に騙されて、詐欺の被害者になってしまうことがあるのです。ですから、このような話を持ちかけてきた業者は「ヤバい」と疑ってみましょう。

このような点を見て、ヤバい現金化業者を避けることがクレジットカードの現金化で騙されないコツです。