今さら聞けない!そもそも仮想通貨って何?

仮想通貨について解説
ここ数年、耳にする機会が多くなった仮想通貨。しかし、仮想通貨が何なのかよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。仮想通貨とは、簡単にいうと、『インターネット上で使える、国や銀行を必要としない通貨』です。

通常、通貨は国や中央銀行が発行し、それぞれの国の信用値によってその価値が決まります。しかし、仮想通貨は国や中央銀行が介在しません。

仮想通貨は、その仮想通貨を使う人たちが、『インターネット上にある仮想通貨のやりとりを記録したもの(ブロックチェーン)』を互いに監視し合うことによって、その信用が担保されています。

仮想通貨で何が出来るのか

どんなものかはイメージ出来たかと思いますが、では、その仮想通貨を使って何が出来るのでしょうか。

①買い物が出来る

仮想通貨はお金なので、当然買い物をすることが出来ます。ネット上は勿論、実際の店舗でも仮想通貨が利用可能な店ならば、仮想通貨での支払いが出来ます。

②国を越えた遣り取りで利便性を発揮

通常、他の国で買い物をしようとすると、まずは円をその国の通貨に両替しなければいけません。その際、手間や手数料がかかってしまいますが、仮想通貨だと両替せずにそのまま使うことが可能です。

また、海外に送金する際、本来ならば銀行で手続きをする必要がありますが、仮想通貨だと手数料も安く、そして早く送金することが出来ます。

③投資出来る

仮想通貨は、日々その価値が上下しています。つまり、株やFXなどのように、安い時に買って高い時に売ることが出来れば、その差額分は儲けとなります。

仮想通貨はまだ市場が成熟していないため、その変動は激しいですが、それはつまり大幅にその価値が上がる可能性も大いにあるということです。

ただし、注意も必要

仮想通貨で何が出来るのかについて説明してきましたが、すべての仮想通貨で可能なわけではありません。

というのも、そもそも『仮想通貨』という通貨が存在するわけではなく、仮想通貨には、『ビットコイン』や『イーサリアム』などの、1000を超える銘柄の通貨が存在します。

そして、通貨というものは信用で成り立っているので、信用のない銘柄だと通貨としての価値が低く、使用することが出来ないこともあります。そのため、仮想通貨を始める際は、どの種類を選ぶのかが重要になってきます。