祈祷1回10万円!?電話占いの料金と利用する際の注意点とは?

電話占いの料金と注意点
電話占いに興味はあるけれど、出費がとんでもないことになりそうで不安、知らないところで料金が発生したりしそうで怖い。そのような思いから電話占いを利用することを躊躇っている方も多いのではないでしょうか。

確かに電話占いの料金設定はちょっと複雑。仕組みを知ったうえで利用すべきでしょう。

「電話占いにはいったい幾ら必要なの?」
「鑑定料以外の料金が発生することはある?」

気になりますよね。そこで当記事では、電話占いの料金や注意点などについてお話ししたいと思います。

知れば意外と簡単、怖いものではないことがお分かりいただけるはずです。

お金はいくら必要か?電話占いの料金とは

1分毎に課金

電話占いの料金は、基本的に1分単位で計算されます。たとえば、1分200円の占い師さんと10分話したら、支払うべき料金は2,000円です。

人気のある先生ほど料金が高く、中には1分当たり700円以上といった方もいらっしゃいます。電話占いを利用する前に鑑定料をしっかりと確認しておきましょう。

通話料は別

電話占いの料金の表示方法はサイトごとに異なります。料金が通話料込のこともあれば、そうでないこともあるのです。

たとえば電話占い「カリス」は通話料別の料金を表示しており、相談すれば鑑定料とは別に通話料が掛かります。

料金が通話料込なのか、それとも違うのかは、各電話占いサイトのF&Qや、利用規約などから確認可能です。相談する前にチェックしておきましょう。

数千円あれば十分

後述する「祈祷料」などの例外を除いて、電話占いは基本的に、鑑定料と通話料しか掛かりません。ですから1分2、300円の先生に相談するのであれば、数千円もあれば事足りるでしょう。

あなたの知らないところで何らかの別料金が発生するということは、少なくとも大手電話占いサイトを利用している限りはないはずです。

知らぬ間に支払額が高額に?電話占いの注意点

祈祷などの個別サービス

ここからは電話占いの料金に関する注意点についてお話しいたします。まず触れておきたいのは、祈祷などの個別サービスの存在です。

これは電話占いを受け付けている占い師が個人的に提供しているサービスであり、1回十数万円とかなり高額であることがほとんどです。

有料の祈祷を依頼した場合には、当然ながら、別途祈祷料を支払わなければなりません。鑑定料と通話料以外にお金が掛かってきます。

祈祷料については、それが有料である場合には、その詳細が占い師のプロフィールページに記載されているはずです。

占い師の中には、電話占いの一環として祈祷を行っている方もいらっしゃいます。祈祷料込の価格=鑑定料というケースもあるのです。

祈祷をする場合は別途料金が必要ですよとどこにも書かれていない場合、説明もなかった場合は、その先生は別料金を取らずに祈祷を行っていると考えて良いでしょう。

後払いがデフォルトのケース

電話占いサイトには、保有ポイントが尽きた時点で電話が自動で切れたり、アラームが鳴ったりするところもあるのですが、そうではないところもあります。基本的に後払い制で、残りのポイントが少ないことを知らせないサイトもあるんですね。

後払いがデフォルトのサイトですと、ついつい話し込んでしまって、費用がかさむということも起こり得ます。

きちんと時間を測るか、事前に購入したポイントの範囲でしか相談できない設定にするかしたほうがよいでしょう。

まとめ

以上、電話占いの料金や注意点についてお話しいたしました。電話占いは基本的に1分毎の課金、鑑定料のほかに通話料の掛かる場合があります。

占い師ごとに鑑定料は異なり、中には1分700円を超える方もいらっしゃいますが、1分2、300円の先生に相談するのなら、数千円もあれば十分です。

ただし個別の有料サービスとして提供されている祈祷などを依頼する場合は十数万円は必要です。また、知らぬ間に料金の膨れ上がる後払いにも十分注意してください。